逮捕

女の子と簡単に出会える事で話題の神待ちですが、そんな神待ちにも当然リスクはあります。

神待ちは女の子と出会うのが簡単な分、他の出会い方よりもリスクが多くついてくるのです。

なので、今回は、神待ち掲示板などを利用して家出少女達と出会う場合どんな事に気をつけなければならないのか?考えて行きたいと思います。

神待ちで家出少女と出会った場合のリスクとは

リスク

まず、神待ち掲示板などを使って、家出少女と出会った場合どんなリスクが発生する可能性があるのか、紹介して行きたいと思います。

神待ち掲示板で家出少女と出会った場合、どんなリスクがあるのかというと、未成年と関係を持ってしまう可能性があるということです。

もちろんネット上には様々な神待ち掲示板や出会い系サイトがあります。そんな掲示板の中で、18歳未満の投稿が多く見られる掲示板が合った場合、そのサイトはとても危険なのですぐに利用をやめたほうが良いと言えるでしょう

もちろんサイトによっては18歳未満の投稿を禁止しているサイトも多く存在しているので、もし神待ち少女を探す場合はそういった、18歳未満の投稿を禁止しているサイトや掲示板を利用するように心がけましょう。

そんな未成年と関係を持った場合

そんな未成年の家出少女と関係を持った場合どうなるのか紹介していきたいと思います。

(児童買春)
第四条  児童買春をした者は、五年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。
(児童買春周旋)
第五条  児童買春の周旋をした者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
2  児童買春の周旋をすることを業とした者は、七年以下の懲役及び千万円以下の罰金に処する。
(児童買春勧誘)
第六条  児童買春の周旋をする目的で、人に児童買春をするように勧誘した者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
2  前項の目的で、人に児童買春をするように勧誘することを業とした者は、七年以下の懲役及び千万円以下の罰金に処する。

とこの様に、人生を棒に振ってしまう様な罰則が与えられてしまいます。

こうなってしまうともうう取り返しのつかない事になってしまうので、神待ち掲示板などを使う際には、絶対に未成年と関係を持たないように気をつけて利用するようにしましょう。

未成年と成人の家出少女を見極めるには

ハッキリ言ってしまえば、神待ちしている相手が未成年かどうかインターネット上で見極めるのは困難です。

インターネット上では、相手の顔や年齢を簡単に知ることはできない上に自分の身分を簡単に偽装できてしまうので、難しいと言えます。

なので、実際に相手が未成年の家出少女かどうか見極めるためには、掲示板の利用規約などを読み、自分自身で掲示板を選ぶことでしか、判断することができません。

その場合、どのようなサイトを選ぶのが良いのかというと


  • 年齢認証を行っている
  • 18歳未満の投稿を禁止している

この2点のどちらかが、しっかりしていれば、神待ちしている未成年と出会う事は殆ど無いと言えます。

しかし、年齢認証を行なっているのは基本的に出会い系サイトだけなので、掲示板などを利用して神待ち少女を探す場合は、利用規約に「18歳未満の投稿禁止」が書いてあるかどうかをしっかりと確認して利用するようにしましょう。

未成年の少女と関係を持った男性の逮捕事例

逮捕事例

未成年の少女と関係を持ってしまった男性の逮捕事例は多く、貴方の身近で起きている可能性もあります。

特に出会い系アプリを通じて未成年と出会い、逮捕されてしまうケースが多いです。

出会い系アプリで特に無料のものに関しては、年齢確認等行わずに無料で利用できるものが多く、未成年と出会う可能性が高いと言われています。

相手が未成年だと知らなかったとしても逮捕されてしまい、その後テレビやネットニュースでも取り上げられてしまうので、その後社会復帰できる可能性は限りなく0に等しいです。

18歳か19歳かと思っていて…

 茨城県警水戸警察署の巡査部長・丸山義明容疑者(27)は1月、水戸市内のホテルで当時、高校1年だった女子生徒にみだらな行為をした疑いが持たれています。警察によりますと、丸山容疑者は女子生徒と出会い系アプリで知り合ったということです。

TwitterなどのSNSでも未成年と知り合ってしまう可能性も

兵庫県警加古川署は31日、ツイッターを通じて知り合った同県加古川市の高校2年の女子生徒(16)を京都市から栃木県小山市まで連れ回したとして、未成年者誘拐の疑いで栃木県下野市柴のアルバイト、江畑祐司容疑者(50)を逮捕した。逮捕容疑は、ツイッター上で「家に帰りたくない」という女子生徒が未成年だと知りながら、「慰める。迎えに行く」などとやりとりし、京都市内に呼び寄せ、5月28日から30日にかけて小山市まで連れ回したとしている。

相思相愛でも相手が未成年であったなら逮捕される

出会い系サイトで知り合った大阪府内の高校1年の女子生徒を自宅マンションに連れ込んだとして、名古屋市の会社員の男(27)が、未成年者誘拐容疑で大阪府警に逮捕された。両思いの関係だったため府警は逮捕を見送ったが、男は女子生徒と二度と会わないという誓いを破って2カ月後、再び四国へ〝駆け落ち〟したことで身柄を拘束されたのだ。

未成年と関係を持った挙句撮影までしてしまうと大変なことに

女子高生とわいせつな行為をしたなどとして、岐阜県青少年健全育成条例違反と児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、群馬県伊勢崎市境伊与久、会社員佐藤修一容疑者(42)を逮捕した。逮捕容疑は3月11日、岐阜市内のホテルで、岐阜県内に住む当時16歳の女子高生(17)と、18歳未満と知りながらわいせつな行為をし、その様子をビデオカメラで撮影した疑い。

母親が娘に無理やり関係を持たせるパターンもある

中学生の娘を食い物にした“鬼母”が逮捕された。29日、娘(14)に売春させた児童福祉法違反(淫行させる行為)容疑で、新潟市の母親(44)が新潟県警に逮捕された。「娘に売春させるつもりはなかった」などと容疑を否認している。

家出少女に絶対にしてはいけないこと

注意

逮捕されてしまうリスクは、未成年が相手であった場合とても高いですが、相手が未成年でなかった場合でも逮捕されてしまうケースはあります。

もちろんお互いに有意義な関係であるのが1番ですが、神待ち少女達に絶対にしてはいけない事がいくつかあるので紹介したいと思います。

行為を無理やり行おうとする

いくら神待ち少女が相手だったとしても、強引なセックスは絶対にいけません。相手の年齢や強引にどんな行為までしたのかによっては、逮捕確定の場合もあるのです。

そして、いくら18歳以上だったとしても相手が嫌がっているのに強引に行為に持ち込もうとした場合、それはレイプとなってしまいます。

泊まる場所やご飯を提供したのだから、エッチしてもいいじゃないかと思っている方もいるかもしれませんが、それで訴えられてしまったら強姦罪になってしまいます。

強姦罪は最低でも数年は刑務所に入らなければならないので、無理やり行為を行おうとするのではなく、相手の気持ちも尊重して関係を保つことが大切です。

泥酔するまでお酒を飲ませる

家出少女とお酒を嗜むのであれば、問題は無いのですが、相手が泥酔するまでお酒を飲ませてしまうのは絶対にしてはいけません。

もちろん、相手が未成年の場合もお酒を飲ませてはいけませんが、成人している女性を泥酔させてしまうともっと大変です。

もし、相手の家出少女が泥酔して急性アルコール中毒にでもなれば、病院に連れていきお互いの関係の説明をしなければならなくなりますし、そこまで酷くなくてもせっかく家出少女と過ごせる楽しい時間が、家出少女の介護で時間が過ぎてしまうので、お酒の飲ませすぎには注意しましょう。

まとめ

落ち込む

女の子と簡単に出会える事で話題の神待ちですが、そんな神待ちにも多くのリスクがあります。

未成年と関係を持ってしまった場合、逮捕されてしまうパターンが多く、その後の人生を大きく変えてしまう可能性もあります。

神待ちは確かに女の子と簡単に出会う事ができ、楽しい時間を過ごすことができる出会い方です。

しかし、使い方を間違えてしまうと自分の人生を変えてしまう可能性だってあるので、神待ち少女と出会う場合は、必ず注意するべき点を注意しつつ家出少女を探すようにしましょう。